エナジック大城博成社長が求めていた『ゆいまーる』精神とは?



unnamed.jpg



エナジック大城博成社長は、出身地・沖縄

で母親から常日ごろ聞かされていた『ゆいま

ーる』精神があったからこそ、エナジックが

飛躍的に伸びたのではないかと言われている

ようですが、実際はどうなんでしょうか?



今回は、そのへんを詳しく検証していきまし

ょう。






電解水生成器(還元水)のメーカーとして、

飛躍的な発展をとげている、エナジック

大城博成社長とは、一体どのような方なの

でしょうか?



エナジックの大城博成社長は、1941年沖

縄北部の国頭郡久志村(現・名護市)生まれ

ました。



戦後、那覇商業高校に進学し、その後久志

村役場の税務課に7年間勤務したあと上京し

税理士になるために会計事務所で経験を積ま

れたようです。



その後、計算機を扱う会社に経理マンとして

就職するも、大阪転勤後に会社は倒産。



そんな折、知り合いの大阪ソニー販売の社長

に勧められ、大城社長の故郷である沖縄にソ

ニー製品の販売会社を設立します。



ソニーの『ベータマックス』を沖縄・鹿児島

宮崎・熊本などに販売し、業績は好調であっ

たにもかかわらず、ベータマックスがVHS

に押されたことにより、業績は一気に悪化、

会社は廃業状態に陥ったそうです。



その当時のことをエナジックの大城社長は、

本当に死を意識するほど苦しく、一家が離散

するほどであったと。



そのような状況下でもエナジックの大城社長

が素晴らしいと言えるのは、このころは自分

が助かるために商品を売っていたわけで、沖

縄の言葉である『ゆいまーる』の精神はなか

ったと思われたことである。



『ゆいまーる』とは、


・共に助け合っていく


・自分を捨てて人に情けをかける



そして、1988年東京で開かれた還元水の

講演会に足を運ばれ、還元水についての講

演を聞かれたエナジックの大城社長は、健

維持のためにこれを人々に提供すること

で、生涯をかけて人のために尽くすことが

できると思われたそうです。



『ゆいまーる』精神を生かす道を求めてい

エナジック大城社長にとって、運命的

な出会いであり、ある意味、必然的な出来

であったと言えるのではないでしょうか。



この続きは、次回のブログにて・・・・。





・商号

   株式会社エナジックインターナショナル


・所在地(本部)

  〒900-0036  

   沖縄県那覇市西2丁目4-17-6F


・代表電話:098-917-1309


・FAX  :098-917-1164




・代表取締役

   大城 博成


・設立

   昭和49年6月21日


・資本金

   70,000千円


・事業内容

   医療機器・健康機器の開発・製造


・加入団体

   日本電解水協会

   アルカリイオン整水器協議会

    機能水研究振興財団


・国内事業所:本店(他6ヶ所)

   株式会社 エナジック


・所在地

  〒104-0031

   東京都中央区京橋1-1-6越前屋ビル7F


・TEL:03-5205-6030 


・FAX:03-5205-6035


・海外事業所

   海外21ヶ国拠点 



original.jpg