アムウェイ中国の売上比率がこれほど凄いとは驚きである!


CfzlAJ89ypnPXFL1510439241_1510439307.jpg

アムウェイ中国の売上が、アムウェイ
世界売上高に占める割合で、ダントツ
1位って、本当なの?


今回は、その部分についてより詳しく、
検証していきましょうね。




アムウェイは、1959年に米ミシガン
州の小さな町で創業し、現在では世界約
100カ国の地域で2万1000人余り


を雇用しており、約450種類の製品を
300万人を超える非雇用販売員である
独立事業主のネットワークを通じて販売
している会社です。


アムウェイ中国は、1995年に正式
設立され、22年の開発期間を経て現
在、全国の31の省と自治区で運営され
ており、アムウェイの世界最大の市場と
言われているようです。


アムウェイは現在、中国への依存度がます
ます高まっており、世界売上高113億ド
ル(約1兆938億円)の40%近くを中国
が占めているそうです。


アムウェイは、100カ国以上で展開する
で、中国の売上がダントツの1位とは驚
きですよね。


中国は、人口世界一でアムウェイにとって
世界最大の市場かと思いきや、当初はそ
でもなかったようなんです。


と言いますのも、中国では販売店で販売す
ると言ったスタイルであり、日本のような
スタイルでなかったことが、挙げられます。


これには、中国の法律が関係しており直販
を全面的に禁止し、それによってアムウェ
の成長が危ぶまれた時期があったそうで
すが、今では、アムウェイ・中国の評判も
とても良く、

・浄水器
・鍋
・フライパン
・化粧品
・ニュートリライト

などの売れゆきがよく、今では世界の40
の売上をアムウェイ・中国が占めている
と言われています。


上記製品のなかでも特に販売好調なのが栄
補助食品であるニュートリライトのよう
です。


評判の良いアムウェイ・中国ですが、人口
に占めるアムウェイ製品の愛用者率は、低
いと言えるようです。


したがって、中国市場はまだまだ伸びしろ
があるとも言っても過言ではないでしょう。


今後、アムウェイ・中国の売上比率が、今
の40%から50%、60%となっていく
ことに期待が持てますよね。


稼ぎ頭のアムウェイ中国は、これからも
アムウェイにとって、重要な市場であるこ
とに変わりはないと言えます。




・社名   
   日本アムウェイ合同会社

・本社所在地​
   〒150-0042 
  東京都渋谷区宇田川町7番1号

・営業開始​
   1979年5月

・社長
   ピーター・ストライダム

・資本金​
   50億円

・電話
   03-5428-7000(代表)

・URL​
   www.amway.co.jp

・事業内容​
   アルティコア社の系列会社からの
   家庭日用品等の輸入・販売
  (一部製品は、日本で開発・委託製造)

バナー広告.jpg